2018年05月30日

週末映画

アフタースクール
★★
ほっこり映画。早々に読めた。

凶悪

とにかくキチガイ。

アウトレイジ 最終章

なんも残らない映画。1と2は好き。

レフトビハインド
−★★★★★
↑マイナス
キリスト様を信じれば救われます。信じないやつは全員死ねと言うゲロ映画。

鬼畜
★★★★
幼児虐待。鬼畜の所業。そして健気な子供。切ない。

震える舌
★★★★
怖い。ホラー映画より怖い。破傷風を扱った映画。「あ"−−−−−−−−−−−−ッ!」



posted by akurou at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 週末映画

2018年05月29日

週末映画

砂の器(映画)

手紙は憶えている

posted by akurou at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月27日

なぜ君は絶望と闘えたのか

作業BGMにするつもりが、作業を忘れて見入ってしまった。
江口洋介主演。
1999年に実際に起きた「光市母子殺害」を扱った門田隆将の同名著書をモチーフとしたフィクションドラマ。

ある日突然、愛する妻と生まれたばかりの幼子を無残に殺されるという、凄惨な事件の被害者となった町田道彦。
妻は殺された後に死姦され、娘は床にたたきつけられた上に紐で首を絞められ殺された。
第一発見者となった町田に疑いを持った警察は、仕事とはいえ心無い言葉の数々を浴びせる。
そして、娘の死を知ったとき、その町田のあまりの取り乱しように、警察は町田がシロであることを確信する。

事件発生から間もなく、未成年の少年が容疑者として逮捕される。

この話は、犯人逮捕から始まる被害者と日本の法体制の壮絶な戦いへと転換してゆく。

この事件は非常に有名で、ことさらその事件の猟奇性について取り上げられるが、本当の話は、家族を失った被害者の遺族も、その犯人によって心を殺されてしまうという事実を痛切に教えてくれた。
そして、日本の司法制度が以下にゆがみ切っているか、実際の被害者の本村さんが、絶望の中で10年もの間なぜ戦い続けることができたのか。
江口洋介は著者の門田隆将さんをモデルとして描かれているが、なかなか渋い演技で感動しました。
そして本村さんをモデルとした町田役の眞島秀和さんは、ビックリするくらい容姿やしゃべり方も本村さんに近く、感情移入してしまった。

人を殺せば自分も殺されなくてはならない。

死刑制度に関しては賛否両論あるでしょうけど、家族を殺されても死刑制度に反対できるかというとほとんどの人には受け入れられないのではないでしょうか?
また、マスコミの在り方についても真剣に考えさせられます。

終始泣きっぱなしで見ていましたが、大変重いテーマゆえにおすすめするのは躊躇してしまいます。
でも、見なければならない、あるいは同名書籍を読まなくてはならない作品だと思いました。

因みに、武田鉄矢の「三枚おろし」で著書の方が紹介されていたので、貼っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=xqxL4YF48KU






posted by akurou at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月26日

ドラマ

作業BGMにamazonプライムビデオで日本のドラマを一気見することにしました。
とりあえず見たのは
「仁-JIN-」
「永遠の0」
「真田丸」

「仁」
クッソ面白かった。
一人の名医が幕末の江戸にタイムスリップして、歴史上の人物たちと絡みながら日本の歴史や医学を変えていくというどこの戦国自衛隊だ?って話なんですが、ありきたりな展開になり過ぎず、最後まで謎を含みつつ毎度泣かせる展開で面白かった。
竜馬がいい味出してたな。

「永遠の0」
考えさせられる内容。けして戦争賛美や美化というものではなく、愛する人のために生きのびたいという至極まっとうな考えが許されない時代を鋭く描いている物語だと思いました。

「真田丸」
これはTUTAYAでレンタル。すみません。5話くらいで討ち死にしました。
三谷幸喜は好きな脚本家だけど、なんつーか、戦国時代の雰囲気や緊張感が感じられず、司馬遼太郎の「城塞」で満足してしまった僕にはあまりにもライト向けで合いませんでした。
昔のTBSドラマ「関ケ原」のようなかたっ苦しい世界観だと若者には退屈だろうし、逆にライトなノリにすると僕のような司馬遼タラーには軽すぎると思われ、難しいところですね。
この作品が好きな方には本当にごめんなさい。

日本のドラマも良いものは本当に面白い。

posted by akurou at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月20日

夢を追う人に見てもらいたい動画

夢を追うことに疲れたり、諦めかけている人はとりあえず見れ。

https://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY
posted by akurou at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月11日

VIDEO BLOCER

chromeとか火狐でyoutubeを閲覧するときに欠かせない拡張機能「ADBLOC PLUS」と「VIDEO BLOCER」。
その「VIDEO BLOCER」がサイレントに超進化してる。

そもそもこの2つの拡張機能は、

「ADBLOC PLUS」=youtubeの広告表示およびCMを遮断し、youtubeを広告CM無しで快適に鑑賞できるツール。
「VIDEO BLOCER」=興味のない、もしくは観たくなチャンネルを簡単に非表示化できる。

というもので、特に「VIDEO BLOCER」は、僕の場合、おすすめとか急上昇に上がってくる不快な変顔サムネのyoutuberなどをブロックするために導入したわけですが、この機能がさらに進化して、なんと不快なコメントをするユーザーすらも完全に非表示出来るようになっています。(前まではできなかったと思います)

chrome、火狐ともに、ストアから検索をかければすぐにヒットします。


posted by akurou at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月09日

よく使うテクスチャ

イラスト制作で僕がよく使うテクスチャは「星雲」です。
ネットのフリー素材や、NASAのフリー素材などを拝借し、人物、背景、仕上げに色々な局面でちょうどいい「星雲」テクスチャをペタリ。
こいつをまず「オーバーレイ」に変換してから、透明度や色調補正をいじり、一番しっくりとくる見栄えになるまでじっくりと調整していきます。
大抵これだけで絵に深みが出るんですが、僕はもう一工夫しています。しかしそれは秘密です。

無料写真素材 写真AC
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%98%9F%E9%9B%B2&srt=dlrank&pp=70&p=1

NASA
https://earthobservatory.nasa.gov/




posted by akurou at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月08日

HDD

捨てずに捨てきれないいくつもの故障HDD引っ張り出して、なんとか修理できないかと色々調べてみる。
HDDの基板交換とかヘッド交換とかいろいろあるけども、あんまり小難しいことは分からないのでとりあえず今使えるHDDの基盤を壊れたHDDの基盤に換装するという方法を模索してみる。
とりあえず静電気カットの手袋とトルクスドライバーのセットを購入。早速交換作業。

しかし、うんともすんとも言わない。やはりアカンのか・・・。
懐かしい画像データや、過去に収録したエッチな動画とかもう完全にアカンのか・・・。

首を垂れて基盤を元に戻す。
一応動くか確認。
う、うごかねぇ!まともに使えてたHDDも道ずれにしやがった!

生まれてこの方、自分で何かを直そうとして成功したためしがない。
そして、損害を大きくしてしまう。
僕の人生ってそんなもんです。
posted by akurou at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月02日

FANBOX その後

早速数名の方にご支援いただきまして、誠にありがとうございます!
コメントにてお名前を出して直接お礼を伝えたいのですが、名前を出されることを良しとされない方もいらっしゃるかと思い、コメントを頂いた方以外は現状では伏せております。

まさか実際に支援いただけるとは思ってなかった部分もあったので、コンテンツ自体はまだまだ揃っていないのですが、モチベーションはかなり高くなりました。
オリジナル絵にもやる気が出てきて、18禁問わず色々と書いていきますので、無理をされない範囲でよろしくお願いいたします。

また宣伝等でご支援いただいた方にも感謝いたします。本当にありがとうございます。

ただFANBOXの仕様には少し疑問もあったりします。
これ、支援を月額にする必要があるのだろうか。
有料の限定コンテンツを作れるってのは良いとして、一度その限度額を払えば永久に閲覧可能ということでいいのではないだろうか。
そして、好きな時に好きな額を支援する。「ふわっち」などの花火のような仕様のほうが、支援する側もされる側もお互いに気兼ねなくやり取りできるような気がします。
月額で支援してもらうというのは、正直、心苦しいという気持ちもあるし、また支援者の負担が大きく、その分腰が重くなって気軽に支援しようという気持ちになりづらいのではないだろうか。

この点は、今後もPIXIV運営に使用改善の要望を出していこうと思います。
posted by akurou at 12:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記
[[img(https://x8.shinobi.jp/bin/ll?156999600)]][https://x8.shinobi.jp/bin/gg?156999600 アクセス解析]