2019年07月19日

心の整理

早朝4時、眠れなくて酒でも飲もうかと思ったけど、やっぱり酒を飲む気にもならない。
やりきれない。

夢だけが頼りの仕事。
絵が楽しくて絵を描き始めて、やがてもっと美しいものを夢見て努力する。
自分自身の満足、夢のために創作しつづけてきた思いは、いつしか人を喜ばせることに最も尊い喜びを感じる。
多くのクリエイターは、そうやって生きてきたように思う。

掛け替えのない大きな才能達が、たった一人の人間によって、一夜にして失われてしまった。
彼らの功績は永遠に消えることはないが、もう二度と彼らが未来に描く夢を見ることはできない。

消失間は大きく、ひどく落ち込んでしまっている。
ただ、ファンだったからという理由ではない。理不尽に奪われてしまった、命、そして夢があまりにも僕にとって大きすぎたからだ。

しばらく心を整理しなくては。

posted by akurou at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年07月18日

京アニ

辛い。胸が苦しい。
落ち込みレベルが半端ない。

一人でも多く助かってください。
そればかりです。
posted by akurou at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年07月02日

無能

GOT 最終章見終えました。

ジョン・ムノウさん…スノウ過ぎないっすか?
あ、逆か。
ネタバレしたくないので細かく書かないですけど、シーズン通して、彼の立ち位置ってのが結局わからないままだった。
出生に秘められた宿命を持つ真の王だったのか、世界を混沌から解放する勇者だったのか。
どちらも当てはまってるといえばそう言えるものの、彼については、信念とそこそこの剣術だけが強み。
一軍を率いれば必ず自らの失策で窮地に陥らせ、ほとんどの彼の判断は間違った方向に物事を動かす。
でも、最後の最後に決断したことは、世界を救ったかもしれない。
シーズン7、8では、彼の存在自体が何らかの加護のもとに成り立っていたように思うが、彼が活躍することは皆無だった。
彼を信頼し付き従った仲間たちの屍の上で、彼は"あるべき結末"のために生かされていただけだったのだ。

結論から言うと、シーズン6までは神がかったドラマといえた。
深夜0時、仕事終わりから見始め、気が付くと朝の10時まで見てしまうほど、ハマってしまったドラマは今までの人生で存在しなかった。

そして、物語を締めくくるシーズン7、8は、いろいろな意味で裏切ってくれた。

海外では最終章を作り直せという署名がすでに150万票も集まっているそうだが、出来がいい悪いは置いておいて、製作者側の意図も理解しないといけない。
自分の納得いくオチをつけなければ、その物語を終わらせてはいけない、という考えは危険だと思う。

posted by akurou at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
[[img(https://x8.shinobi.jp/bin/ll?156999600)]][https://x8.shinobi.jp/bin/gg?156999600 アクセス解析]