2018年10月06日

陳情3

本日、青梅市議会から陳情に対する結果報告が届きました。

結果

「不採用」

ではなく

「趣旨採択」

まー、言い換えれば「不採択」なんですけどね!
趣旨採択の意味するところってのは
「あんたの言いたいことは理解できた!しかしだねぇ、それが現実問題、可能かどうかわからんのよ。まー無理よ。でも、貴重なご意見あんがとね!」
ということです。

まー、そー簡単に町が動くとは思ってないけどね、こういう白黒はっきりしない回答ってのも嫌なもんだ。

僕がまだ若く、絵を描き始めたばかりのころ、絵を描いてはゲーム会社のスタッフ募集係に応募しまくった。
それは確実な自分の夢であり目標であり生きる目的だったから、それこそ何十社落ちても諦めることはなかったんだけど、不採用の通知すらくれなかった会社に対しては、今でも時々色んな思いで思い返すことがある。
グレーな答えは卑怯だと思う反面、可能性を残しているともとれる。
だけれど、肯定されなかった以上、たとえ不採用でも諦めるわけはない。
つまり、答えはすでに真っすぐな夢の前では、自分の中で固まっていて然るべきなのである。
誰が何と言おうと、そこはもう富士山のように揺るぎない。


あの頃がそうだったように、今も変わらない自分の片鱗がそこにある。
次にどうするかは、もう答えは出ているんです。

posted by akurou at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184608486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
[[img(https://x8.shinobi.jp/bin/ll?156999600)]][https://x8.shinobi.jp/bin/gg?156999600 アクセス解析]