2019年03月21日

映画

映画は毎日のように見ているけれど、あんまり心に残るようなものは少ない。
ドラマだと「とんび」「JIN」「Mother」あたりは何度も繰り返してみてしまうが、何度も見たいと思える映画は、このところ出会っていない。

そんな中、本当に惜しい作品と出会う。と言っても1988年の30年前の映画ですが。

「異人たちとの夏」

孤独を好み、仕事に貪欲で、人付き合いも苦手なシナリオライターの主人公。
40歳の彼には妻子がいたが、傲慢な彼に嫌気がさして出て行ってしまった。
それでも、特に気に留めもしない。彼の心は乾ききっていた。

ある時、ひとり暇つぶしにブラりと立ち寄った浅草。
そこは、28年前に最愛の両親を不慮の事故で失うまで、彼が子供時代を過ごした町だった。
懐かしさに思わず入った演芸座。ところが、客の中に聞き覚えのある声を聴く。
彼はその声の主を必死に探る。
その声の主は、死んだはずの父親にそっくりな男だった。
彼が絶句していると、男は彼に声をかける。
誘われるままに、男についていくと、そこは彼が12歳の頃に過ごした懐かしいアパートで、部屋の中から母親そっくりの女性が現れた…。

と、そんな内容の話で、色々と状況が近しい人は、号泣必死の内容なんです。

ふと訪ねた懐かしい街で、ノスタルジックな光景と登場人物が現実として現れる。
もし、そんな状況に出くわしてしまったら、もしかしたら、僕も今の生活のすべてをなげうってでも、その暮らしの中に溶け込んでしまうかもしれない。
非常に温かくて、おっさんであればあるほど、心に響く内容なんです。

が、なぜかホラー要素が入っておりまして、これが非常に臭い。
皆まで語りませんけど、なぜ、両親と主人公のフィールドオブドリームスばりのヒューマンファンタジードラマに仕上げなかったのか謎。
この映画を最後まで見た人の多くは、最後の問題のシーンで、両親出てこいと思ったのでは?
両親が主人公を守るために霊となって現れた、というプロットだったら、何となくしっくりも来たのにと。

非常に惜しい作品でした。




posted by akurou at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 週末映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185745258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
[[img(https://x8.shinobi.jp/bin/ll?156999600)]][https://x8.shinobi.jp/bin/gg?156999600 アクセス解析]