2019年06月30日

ゲームオブスローンズ

近年、まれにみる大傑作だと思う。
少なくともseason6まではね(7以降は見てる途中なので)
これは、登場人物の誰に感情移入するかで物語の見方は変わってくる。
善悪、秩序、平和、欲望、慈愛、混沌。それらのすべてが、それぞれの持つ正義によって成り立っているからだ。

この物語には多くの登場人物がいるが、彼らの一人一人に役割がある。
道端で小銭を恵んでもらう者。力なくただ恐れるだけの者。戦う者。知恵を働かせる者。愛に生きる者。王座に座るもの。

多くの人は、客観的ではなく、自分自身を照らし合わせ、この物語の登場人物の一人になりきることだろう。
ある人はドラゴンの母となり、弱者を救うために戦い続ける救世主となり、あるものは子を愛す権力者となり、あるものは愛を知らないはぐれ物となり、あるものは不遇な境遇でも信念のみに生きる勇者に成り代わる。

この物語は、人それぞれが持つ価値観に善悪を求めず、ただ、問いかけている。
人を裁くことなど、神にすら不可能なことなのかもしれない(ハイスパロウ)。
深く深く人の心理を考えることのできる、そんなドラマです。

と、さんざん描きましたけど、あなたは誰に感情移入しました?
ちなみに僕はハウンドです。
多分、それは彼と僕が似ているからでしょうね。
posted by akurou at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186211921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
[[img(https://x8.shinobi.jp/bin/ll?156999600)]][https://x8.shinobi.jp/bin/gg?156999600 アクセス解析]