2018年08月18日

ipad pro 10.5とアップルペンシル

ipadとペンシルを買ってみた。
以前所持していたwacomのモバイルスタジオは16インチもあったので持ち運ぶには重過ぎて不便だった。
ipadは非常に軽くて楽だ。
余計なアクセサリーも少なく出来るので、その点も楽。

書き味としては、ペンが追従タイプではないので、かなりアナログの感覚に近い。
WACOMに慣れていると少し戸惑う。
また、どうしてもペンが滑るので、WACOMのフェルト芯に慣れているとこれもまた辛い部分がある。
後から保護フィルムのペーパーライクの存在を知ったので、試してみるつもりだが、ザラザラ感が出れば言うことなしの液タブになりそう。

購入したアイビスペイントやPROCREATEも、今僕が使っているSAI1よりはるかに性能が良いので、ipad一本で仕事をこなすことも可能だと思われる。

ただ問題は、画面の小ささかな。
そこだけはどうしようもない。


P_20180818_130536_vHDR_Auto.jpg
posted by akurou at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年08月08日

音楽

夕日の海にベストマッチする曲
「 We're All Alone」
ボズ・スキャッグス

みんな、孤独なのさ そんな歌
こういう過去の名曲なんかをゲームやアニメのエンディングで使ったらグッとくるのにな。
確かに古臭さはあるけど、グッと来ないですか?




posted by akurou at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年08月04日

アナゴの刺身

昨日お店で食べたアナゴの刺身が余りにもうますぎたので、楽天で注文してしまった。

マジでおすすめです。アナゴの刺身激うま。
posted by akurou at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年08月03日

親友

5年ぶりくらいに親友と飲む。
相変わらず映画の話だとか、つまらない与太話に花を咲かせて。
お互い大分くたびれちゃってて、何となくしんみりした話も多くて、それでも先に見える夢は語ったりもした。

ほんと変わらねーわ。お互い年は食ったけど。

そんな感じで、"彼"のことを思い出す。
1年とちょっと前、今現在関りはなくなったけれど、元気か?と。
まぁ、強いやつだから元気なんだろうとは思うが、弟みたいに思ってたから今でも気になる。
時々無性に心配になる。

話変わって
goproを乗せたドローンで色々とってるけど
結構画像酷い。4kってマジな話なの?
撮り方が悪いのかよ。

元気か?
https://www.youtube.com/watch?v=laM3sFRXKDY



posted by akurou at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月28日

りー

僕はジャッキー世代ですが、ブルースリーってやっぱかっこいいですね。
北斗の拳のケンシロウのモデルなんですけど、仕草から何からほんとカッコイイ。
死亡遊戯のテーマはマジでテンションあがります!



死亡遊戯
posted by akurou at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月22日

陳情

初めての陳情。

僕が住む青梅市は高齢化、過疎化がひどく、青梅駅周辺に至ってはスーパーの一つすらない現状。
かつて存在した駅前一等地の長崎屋はもう何年も廃ビルになっており、新しいテナントが入る予定もなく放置されたまま。
僕は思った。東京まで電車で1時間30分。自然豊かで家賃も安く、創作活動にもってこいのこの青梅を「クリエイター」の町にできないかと。
収入の少ない若いクリエイターや、独り立ちを考えているクリエイターを支援するプログラムを立ち上げる。
例えば、若いクリエイターに空き家を低家賃で貸し出すとか、金銭面や活動面で市が支援をするという感じ。

ま、そのまま屑箱にポイされる陳情だろうけど、声を出さないことには何にも変わらないもんね。



プライムデー
2TBのSSDとGOPROを買った。GOPROはどうも初期不良だった。
posted by akurou at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月15日

夜のおしっこ怖いおじさん

作業BGMに困って、手を出しちゃいけないものに手を出してしまった。
「稲川淳二」
もともとおばけなんかの怖い話系を怖いと思ったことが一度もない人間で、むしろ本当にあった恐ろしい事件とかに身震いするタイプなんです。

しかし、作業BGMとして10時間以上も稲川淳二の話を聞き続けるとさすがに病んでくる。
その中でも寝る直前まで聞いてた「生き人形」は実に怖かった。
当然脚色箇所も沢山ある話だろうけど、実際にTVの生放送で怪奇現象を巻き起こしたり、死人が出たりしてるってのが恐ろしい。
極めつけは撮ったはずの無い奇怪な写真。

夏の蒸し暑い夜に、みなさんもBGMとして寝る前に如何でしょう?

posted by akurou at 21:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月11日

色々

作業BGMに、勇者ヨシヒコ〜闇金ウシジマくんと山田孝之祭りが続く中、
加藤剛さんの訃報にあう。
先日見た「関ケ原〜夢のまた夢」「砂の器」。
ベテランの名優を亡くした空虚な気持ちと、山田孝之のような後継ともいえる名優がしっかりと活躍している喜びと、複雑な心境です。





posted by akurou at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月04日

仕事と映画

仕事
GUMI様のクリスタルオブリユニオンにて
魔獣の「キュウビ」を描かせていただきました。と言ってもだいぶ前に描いたものでしたが・・・。
ともあれ、どうにか先日リリースされたようですので、是非狩りまくってください。やっちゃってください。


映画
「青い鳥」
いじめによる生徒の自殺未遂を起こした中学校。そのクラスに、吃音の国語教師が臨時担任として派遣される。
自殺未遂を起こした生徒はすでに転校し、クラスにはその子が座っていた机すら消えていた。
生徒、そして学校としては、今回の件を深く反省し、新しい第一歩を踏み出していこうという考えだったのだが、臨時担任となった教師は、その考え方を真っ向から否定するのだった。

非常に考えさせられる映画。
いじめを扱った映画として、後味がいいものか悪いものかと言うと、見る人や今の環境によるのではないかと思われ。
某夜八時に放送された熱血教師ドラマとは全く違って、吃音の教師が少ない言葉で、大切なことだけを子供たちに伝える。

いじめられた側は、一生その出来事を忘れることはない。
だから、いじめた側も自らの行為を一生忘れてはいけない。

深い映画でした。
posted by akurou at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年06月13日

一日の流れ

8:30〜 起床
   メールチェック、虎ノ門ニュース
10:30〜 外出もしくは仕事開始
    買い物、散歩、古本屋(臭い)、マックでコーヒーとネット(気の利いたカフェやスタバなどない)
12:30〜 昼食
    (自炊か宅配ガスト)
13:00〜 仕事開始
18:00〜 夕食
(ほぼ自炊)
19:00〜 仕事再開
00:00〜 映画の時間
2:00〜 就寝

この代わり映えのない毎日をもう10年近くも過ごしてるんだと、今日、臭い古本屋で一人物思いに耽ったのである。

P_20160821_182555 (1).jpg
posted by akurou at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年06月12日

ペンダコ

この業種の人間にとっては勲章みたいなもんだな。

P_20180612_204513_vHDR_Auto.jpg
posted by akurou at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年06月11日

TES6

TES6来るんか!
うぉぉぉぉぉぉぉ!
長期休暇が取れるくらい働いておこう。
posted by akurou at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年06月09日

扇子

扇子の描き方って結構失敗しちゃってる人いるんだよな。
実際に僕も恥ずかしながらいくつかの絵で失敗している。頭で考えちゃってる悪い例です。
この程度知っていて当たり前。という固定観念のまま描画して、納品した後に
「そういやなんかおかしいや」とその絵を見ながら考える。

そしてそもそもの話だけども、扇子は日本発祥であって、13世紀以前の中国には団扇しかないんです。
三国志系の絵で扇子を描いてしまうのはかなりずれている話。
とか言い出すと、あらゆるところがおかしいと思えてくる。
例えば女性の靴だってかかとの高いものなんて無かったはずで、馬に至っても鞍などは4世紀ころまでなかったはず。
鋲のついた豪華な皮の鎧や、堅固な城でさえ・・・。
もっと言えば、人徳あふれる劉備やカッコイイ曹操だって実際は民衆を困窮せしめ虐殺に次ぐ虐殺の・・・と深堀し過ぎるのもアホの極みですね。

とにかく、頭の中にインプットされている造形を過信し、そのまま描くという行為は、かなり赤っ恥物ということを、わかっていてもやってしまうのは僕がまだ未熟でプロ意識が低いからだと思わざるを得ない。

大反省ですわ。
posted by akurou at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年06月07日

PSVR買った

俺の、ゆめは、将来のうちに
HTCか、PSVRを、迷ってはいるが買って、
VRエロ動画を堪能することである。


Twitterとかやってなくてよかった。
いや、リア充には楽しいツールだろうけど。

何しろ酒飲んでハイになって何書くか分からない俺よ。
気軽に呟いたほんのちょっとの言葉で、今までの仕事も名声も何もかも失ってしまう可能性があるもんな。

俺のような人間には、Twitterなどはストレス充電器にしかならないだろう。
posted by akurou at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月29日

週末映画

砂の器(映画)

手紙は憶えている

posted by akurou at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月27日

なぜ君は絶望と闘えたのか

作業BGMにするつもりが、作業を忘れて見入ってしまった。
江口洋介主演。
1999年に実際に起きた「光市母子殺害」を扱った門田隆将の同名著書をモチーフとしたフィクションドラマ。

ある日突然、愛する妻と生まれたばかりの幼子を無残に殺されるという、凄惨な事件の被害者となった町田道彦。
妻は殺された後に死姦され、娘は床にたたきつけられた上に紐で首を絞められ殺された。
第一発見者となった町田に疑いを持った警察は、仕事とはいえ心無い言葉の数々を浴びせる。
そして、娘の死を知ったとき、その町田のあまりの取り乱しように、警察は町田がシロであることを確信する。

事件発生から間もなく、未成年の少年が容疑者として逮捕される。

この話は、犯人逮捕から始まる被害者と日本の法体制の壮絶な戦いへと転換してゆく。

この事件は非常に有名で、ことさらその事件の猟奇性について取り上げられるが、本当の話は、家族を失った被害者の遺族も、その犯人によって心を殺されてしまうという事実を痛切に教えてくれた。
そして、日本の司法制度が以下にゆがみ切っているか、実際の被害者の本村さんが、絶望の中で10年もの間なぜ戦い続けることができたのか。
江口洋介は著者の門田隆将さんをモデルとして描かれているが、なかなか渋い演技で感動しました。
そして本村さんをモデルとした町田役の眞島秀和さんは、ビックリするくらい容姿やしゃべり方も本村さんに近く、感情移入してしまった。

人を殺せば自分も殺されなくてはならない。

死刑制度に関しては賛否両論あるでしょうけど、家族を殺されても死刑制度に反対できるかというとほとんどの人には受け入れられないのではないでしょうか?
また、マスコミの在り方についても真剣に考えさせられます。

終始泣きっぱなしで見ていましたが、大変重いテーマゆえにおすすめするのは躊躇してしまいます。
でも、見なければならない、あるいは同名書籍を読まなくてはならない作品だと思いました。

因みに、武田鉄矢の「三枚おろし」で著書の方が紹介されていたので、貼っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=xqxL4YF48KU






posted by akurou at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月26日

ドラマ

作業BGMにamazonプライムビデオで日本のドラマを一気見することにしました。
とりあえず見たのは
「仁-JIN-」
「永遠の0」
「真田丸」

「仁」
クッソ面白かった。
一人の名医が幕末の江戸にタイムスリップして、歴史上の人物たちと絡みながら日本の歴史や医学を変えていくというどこの戦国自衛隊だ?って話なんですが、ありきたりな展開になり過ぎず、最後まで謎を含みつつ毎度泣かせる展開で面白かった。
竜馬がいい味出してたな。

「永遠の0」
考えさせられる内容。けして戦争賛美や美化というものではなく、愛する人のために生きのびたいという至極まっとうな考えが許されない時代を鋭く描いている物語だと思いました。

「真田丸」
これはTUTAYAでレンタル。すみません。5話くらいで討ち死にしました。
三谷幸喜は好きな脚本家だけど、なんつーか、戦国時代の雰囲気や緊張感が感じられず、司馬遼太郎の「城塞」で満足してしまった僕にはあまりにもライト向けで合いませんでした。
昔のTBSドラマ「関ケ原」のようなかたっ苦しい世界観だと若者には退屈だろうし、逆にライトなノリにすると僕のような司馬遼タラーには軽すぎると思われ、難しいところですね。
この作品が好きな方には本当にごめんなさい。

日本のドラマも良いものは本当に面白い。

posted by akurou at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月20日

夢を追う人に見てもらいたい動画

夢を追うことに疲れたり、諦めかけている人はとりあえず見れ。

https://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY
posted by akurou at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月11日

VIDEO BLOCER

chromeとか火狐でyoutubeを閲覧するときに欠かせない拡張機能「ADBLOC PLUS」と「VIDEO BLOCER」。
その「VIDEO BLOCER」がサイレントに超進化してる。

そもそもこの2つの拡張機能は、

「ADBLOC PLUS」=youtubeの広告表示およびCMを遮断し、youtubeを広告CM無しで快適に鑑賞できるツール。
「VIDEO BLOCER」=興味のない、もしくは観たくなチャンネルを簡単に非表示化できる。

というもので、特に「VIDEO BLOCER」は、僕の場合、おすすめとか急上昇に上がってくる不快な変顔サムネのyoutuberなどをブロックするために導入したわけですが、この機能がさらに進化して、なんと不快なコメントをするユーザーすらも完全に非表示出来るようになっています。(前まではできなかったと思います)

chrome、火狐ともに、ストアから検索をかければすぐにヒットします。


posted by akurou at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年05月09日

よく使うテクスチャ

イラスト制作で僕がよく使うテクスチャは「星雲」です。
ネットのフリー素材や、NASAのフリー素材などを拝借し、人物、背景、仕上げに色々な局面でちょうどいい「星雲」テクスチャをペタリ。
こいつをまず「オーバーレイ」に変換してから、透明度や色調補正をいじり、一番しっくりとくる見栄えになるまでじっくりと調整していきます。
大抵これだけで絵に深みが出るんですが、僕はもう一工夫しています。しかしそれは秘密です。

無料写真素材 写真AC
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%98%9F%E9%9B%B2&srt=dlrank&pp=70&p=1

NASA
https://earthobservatory.nasa.gov/




posted by akurou at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
[[img(https://x8.shinobi.jp/bin/ll?156999600)]][https://x8.shinobi.jp/bin/gg?156999600 アクセス解析]