rg/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> 雑記: .../ TEXT

2017年05月20日

聲の形

すっごく良いです。
いじめ問題をかなりリアルに描いていて、主人公やヒロイン、またいじめに関わった人間たちの心の葛藤が上手く描かれています。
先日見た「この世界の片隅に」とは内容が全く違うんですが、僕的には「聲の形」の方が心に残る作品になりそうです。

とにかく、さすが京アニ。キャラがクッソかわいいです。


WACOM27QHD
僕のメインウェポンですが、保護用のアクリルパネルと液晶の間に1ミリくらいの虫が這い回るようになり、
そいつを思わずつぶしてしまったら、画面センターに赤い体液をまき散らしてくれやがりました。

このクリーニングにかかる費用、1万5千円。

そして2週間ばかしの入院が必要とのこと。

2週間、絵が描けない損害を計算すると… 恐ろしく高い虫になるじゃねーか。
posted by akurou at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年05月13日

この世界の片隅に

「聲の形」と「君の名は」とブルーレイ予約してたら、
一番楽しみにしてた「この世界の片隅に」がamazonで先行デジタル配信されていた。
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB-%E3%81%AE%E3%82%93/dp/B06ZZB35B2/ref=sr_1_1?s=instant-video&ie=UTF8&qid=1494632739&sr=1-1&keywords=%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB

うーん。これで見るか、それともブルーレイが出るのを待つか....

出来れば大画面で美しい映像で見たいんだけどな。
ていうか2500円て!
あ、でも買うわけだから何度でも見れるのか。
posted by akurou at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年05月11日

サヴァスロ

スクウェアエニックスさんの新作「サーヴァント オブ スローンズ」
βテストに参加してみた。

久々にスマホゲーなんてやるけど、今はこんな感じのゲームらしいゲームが出てきてるんだなと感慨深い気持ち。
やりこめばいくらでも時間を費やしてしまいそうなんでちょっと怖ささえあるな。
posted by akurou at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年05月09日

さんすま

カク姉さんがリリースされてたんでご紹介。
イベントでゲットできるようなので、是非ともさんすまプレイなさってください!
https://pbs.twimg.com/media/C-93aKvV0AEFlRp.jpg
https://www.sangokutaisen-smash.com/
しかしこのゲームのイラストはみんなクオリティ半端じゃないな…。
かわいいのに技術系でハイクオリティってのはほんと難しいんですよね。
もっともっと勉強しないと。



posted by akurou at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年04月19日

落ち込みと奮起

今日ほんと久々に新宿まで行って、某社の凄まじい人たちと会食してきました。
途中で見た久々の摩天楼の景色への感動も一気にすっ飛ぶほど、そこには緊張と畏敬の念だけが僕の冷や汗と脂汗に変わっていました。

検索すればゾロゾロとその名前が出る方々。そしてその輝かしい功績。年齢は近いのに、僕とは実力も実績も天と地ほどの差です。
また僕よりも一回りも若い青年は、僕が到底及びもしないほどクレバーで、ストイック。
マジの才能を持った面々の前で、僕は借りてきた猫で、ほんと自分の不甲斐なさがやりきれなくなるばかりでした。

そして帰りの電車、落ち込んで頭を垂れたまんま青梅ライナーの指定席。
眠い目をこすって色々と考えを巡らせる。
いや待てと。自分にはこの人たちに負けない何かがあるんじゃないか?
確かに今は空気みたいな存在かもしれない。
しかしだ、この陳腐な僕にだって彼らに負けない何かがほんの一粒でもあるから生きてこれてるんじゃないのか?なんてことを、帰りの電車の中で思う。

そのための、今日の尊い時間であったなら、それは落ち込むための時間ではなく、自分を覚醒させるための精神と時の部屋だったんだな。

自分が売れるとか売れないとか、そんなことよりも、良い作品に関わったその中のひとりであるために、自分ができる最大限のことを今は模索すべきだろうか。

そうそう。その時、不意に頭に喚起されたのがリップ・ヴァン・ウィンクルの話なんだな。



posted by akurou at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2017年04月14日

今日明日

今日明日マジで注意しましょう。
もちろん何事も無いことに越したことはないんですが、有事のことを考えておくことに損はないと思いますんで。

明日休みの人は屋内で子ウサギのように日陰でひっそりしていましょう。
カーテンとか全部しめて、あとは風向きもしっかりチェックしてね。
水、食料の確保。防災警報はスマホアプリなんかに導入しておきましょう。

マスコミが全然やらねーから、こんな末端の落書きで貼っときますけど
この音が鳴ったらとにかく屋内で待機してくださいね。
カーテンとか全部閉めて、なるべく窓際にいないように。家の廊下とか、建物の地下駐車場、地下鉄なんかが良いらしいですわ。


posted by akurou at 13:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2017年04月12日

THETA S

THETA S買いました。
夜の星々までばっちり360°撮影できちゃうカメラなので、晴れた日に幻想的な夜空を撮影して
それを今後の絵に生かしていこうと思います。

ツイッターはやってないんですけど、トレンドだけは何気にチェックしてます。
北朝鮮情勢に関して、こんなに日本人が無知だとは想像してませんでした。
「なんで報道しないんだよ!」「こんなに緊迫してるなんて知らなかった・・・」
いやいや、情報ってのは座して待っていても勝手に入ってくるもんじゃあないんだぜ。
ファクトってもんは、自分から知ろうとしなければ知り得ることはないと思いますわ。
大手メディアがそれを担っているとは、到底思えません死ね。
posted by akurou at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年04月09日

上念さん

たまたま食材の買い出しに行った先のすぐそばのブックスタマで、上念司さんがサイン会してました。
虎の門ニュースは唯一まじめに見てるニュース番組で、上念節ともいわれるちょっとオタクっぽい内容を絡めた彼のトークは大好きだったので、チラ見してきました。
というか、上念さんって、青梅出身だったんですね。
個人的には橋下さんよりも論戦に長けた人だと思ってますが。どうなんでしょ。

そんな感じで青梅出身の有名人って結構いたりするんですが、絵描きだと誰がいるんだろう。
なんか調べてたら、中国や韓国系のイラストレーター集団が青梅にアトリエっぽい事務所を構えてるみたいだけれど。
今度立ち寄ってみるか。
posted by akurou at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年04月05日

CPU

ショップに問い合わせて所持してるマザーボードに対応してるCPUを選んでもらって、大枚はたいて買っていざ取り付けてみたらピーピッピですわ。
なんども付け直したりしてるうちに、気が付いたら深夜まで。そのうちマザーボード自体がいかれたのかと思って、絶望のどん底に落ちて、もとのCPUに付け直したらなんとか昨日までの僕のパソコンに戻りました…
というかなんか内部時計が2027年にまでワープしてて怖い。
あといろんなエラー吹きまくるんだが!こわい!助けて…
posted by akurou at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年04月04日

増設

モンスター級だった僕の超高級パソコンもわずか3年でおじいちゃんに成り果て、
ついに色々なところでおっつかなくなりつつあったので、結構なお金を払って増設することにしました。
まずメモリを16MBから32MBに切り替え、グラボをGTX980からGTX1080tiに切り替え、CPUをようわからん奴からi7 6850Kに切り替え、HDDをSSD1テラに換えました。
さて、どのくらい体感できる速度向上があったかというと。。。


最近めっきり酒に弱くなった。悪酒が過ぎる。いろいろ反省しつつ酒はしばらくやめておこう。
posted by akurou at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年03月20日

新しい時代

先日、ふと子供の頃に通った古き良き玩具店が気になってググってみた。
当時、僕はその玩具店の軒先にあった50円ACゲームをプレイしたり、ドラクエの新作なんかを予約したりしてました。
あとはプラモデルとか、ミニ四駆とか。ものすごく思い出深いお店で、確か男兄弟二人で経営してたと思います。
お店の名は「みのる屋」。
ググってみたら、駅前再開発の余波で、昨年閉店されたようです。
何というか、心にぽっかり穴が開いた気分です。

エロゲーの「エルフ」。最近だと、「この世の果てで恋を歌う少女YUNO(超絶名作)」が違う会社からリメイクされますが、そんなエルフも、昨年、公式HPをたたみ、事実上の解散に至ったようです。

時代の移り変わり。
僕らの仕事も、分単位で流れが変わっていくような仕事で、今日の流行は明日の時代遅れといってもいいくらいその流れは迅速で、その流れに逆らうなら、屈強な足腰と流れに左右されないだけの強い意志がないとやっていけないだろうと思います。

少なくとも僕は、なんとなく、その流れに上手く逆らって、自分だけの流れみたいなもんを探し当てたいと思っています。

そうやって流れに逆らって、そして消えていった過去の出来事に敬意を払って。


posted by akurou at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2017年03月18日

現状

確定申告も終わり、何とか落ち着きを取り戻しつつあるこの頃です。
現状では報告できない仕事なんかをチョコチョコやりつつ。
他にもいろいろ分不相応なお仕事を頂きつつ今日をまんざらでもねえやってな感じで暮らしております。

しかしながらもっとも気がかりなのが、とある個人のお客様で
本当は真っ先にお仕事を進めてご報告しなくてはいけないところですが、現状ではそうもいかず申し訳ないことこの上なく。
4月以降は本業を少し休める余裕も出てきそうなので、4月は楽しみつつ修行ではなく”私業”のイラストを描いて、喜んでいただきたいなと思っております。


また、志半ばで世に出ることのなかった所謂”ボツ”イラストをポスターにして販売しようかとか考えております。
そういった絵たちは世に出してもらえないのに著作権がらみでいろいろややこしい柵があるんですが、そういった柵をクリアーして、なんとかうまく立ち回っていこうと思います。
中二病なことを言いますが、絵は生き物なので、隔離することも、隠ぺいすることもできないのであります。

ということであります。ご報告。
posted by akurou at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年03月13日

ビタリスは死んだ

ご無沙汰です!
この間買った出崎先生版「家なき子」DVDBOX
https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%B6%E3%81%AA%E3%81%8D%E5%AD%90-DVD-BOX-%E5%87%BA%E5%B4%8E%E7%B5%B1/dp/B00651YDJC/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1489405535&sr=8-3&keywords=%E5%AE%B6%E3%81%AA%E3%81%8D%E5%AD%90+dvd

相変わらず「ビタリスは死んだ」このナレーションから教会のステンドグラスにクローズアップしていく演出シーンは涙腺がぶち破れるんではないかというほど泣かされてしまいます。
いい歳して最近はいろいろなアニメを見るようになったんですが、やっぱりこの「家なき子」は心をナイフでそぎ落としていくような、そんな鋭く洗練されたアニメです。
あの花でもずいぶん泣かされましたが、家なき子はまた違った涙が毎話繰り返されるので、ほっぺたに保湿剤が必要になります。

そういえば「蠅の王」という映画があります。
これ、実はyoutubeで無料で見れたりするんですが、この話もすごく洗練されている話で、非常に心に残る作品でした。
こちらは涙をさす話ではなく、トラウマになるような話ですが、心のど真ん中を深く抉る話であることは同じでしょうか。

お暇な方は、この「家なき子」出崎バージョンと「蠅の王」 を見てみてはいかがでしょう。
posted by akurou at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年02月09日

プロペン2用のフェルト芯

プロペン2用のフェルト芯がWACOMストアで販売開始されました。
今なら割引料金で買えるみたいですよ。
僕はとりあえず20セットまとめ買いしました。

これでやっとモバイルスタジオでガシガシ描けるぞー。
posted by akurou at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月25日

金の表現

「君の名は。」が
「イルマーレ」のパクリだって?
いやいや
「イルマーレ」が「ラブレター」の影響受けてんじゃないの?


さてと、やっぱクリムト

クリムト以外にない

img193[1].jpg


はぁ・・・楽しかったオフももう終わってしまう。
朝からしこたまビールを買い込んで、映画を見たり届いた液タブでチマチマ落書きしたり。
なんかすごい優雅な生活送ってるんだなと他の人に申し訳なく思いながら、それでも、ストレスって蓄積されてんだよな。
好きなことやって自由に生きてるつもりなのに、ストレスってのは厄介なもんです。
P_20170124_165842_vHDR_Auto.jpg
posted by akurou at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月24日

モバイルプロ16

届きました。

さっそく使ってみる。


んーー

んーー

んーーー

なんつーかあれだ。win10死ね
posted by akurou at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月23日

Wacom MobileStudio Pro16

現在使用してる27QHDの筆圧感知性能の4倍を誇る筆圧感知8192。
高精彩4K対応。
価格約35万。

うーーん。
魅力的なのは筆圧感知性能。4K出力に関してはQHDでも4Kサブモニタで見ながら作業をしてるから正直そんなに目を見張るものではない。
外出先でササっとスケッチできるのはうれしいが、そんなドラマの中の登場人物みたいな絵描きはめったにいないだろう。
大抵はもっさいおっさんかおばさんが、寝癖そのまま外出といえば飯くらいで、後はインドアでくっさい部屋でPCとにらめっこである。
値段も高いし、タブレットデバイスとしての性能も値段ほどの価値もないし。

と、本当に必要かどうかを色々と考えていた。

そしてこれがどうしても必要だと考える一点に気が付く。
モバイルサイズの液晶タブレットが絵を描く上でもっとも適した点といえば、彩色ではなく、線の描画だろう。
27QHDほど大きなワークスペースであれば、これは完全に彩色向きである。
ただし、ディスプレイが大きいがゆえに、どうしても引きで絵を見るには何度となく拡大と縮小を繰り返す羽目になる。
縮小状態のまま絵を描くには、ペン先とモニタのガラス厚みの微妙な差異により、いろいろと不都合が生じるのでどうしても拡大を余儀なくされてしまう。

絵を拡大した状態のまま描くことに関して、大きな問題点がある。
それは、絵の全体が見えない時間が多いほど、デッサンやライティング等の大きな狂いに気づくことができないということ。
もちろん、サブモニタで実寸表示ナビを必ず表示しているのだが、作業に集中していると、視線は拡大されたままのワークスペースに釘付けである。


そこで、モバイルスタジオなのです。
もともともデバイス自体が小さいがゆえに、全体像を見つつの作業が多くなる。仮に拡大して状態でも、27QHDのような死角が格段に減る。
顔を書き込む際でも、右目を集中的に書く際左目のバランスがおろそかになり、顔のバランスが崩れてしまいがちだが、全体を見渡せるので、その点も補える。
つまり、本当にA4紙などの紙に書く感覚に近いだろう。
そしてさらに、現在より4倍の筆圧感知性能ともなれば、これは完全にラフや構図の作成ツールなのである。

僕は基本が全くなっていない適当な絵描きなので、いつもラフ段階で大きなタイムロスを余儀なくされてしまう。
塗りはササっと行けるんだけど、ラフや構図は本当にどうしようもないほどひどい。

なので、これは紙に書いていたころの初心に帰るべく必須なものだという認識に至り、ぽちっとしてしまいました。

さて、明日届くんだが、感想はまた後日!なんか描こう。


posted by akurou at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月12日

愛車

domane

加速力はいまいちなのかな?
でもさすがのアイソスピードはクロスバイクよりも乗りやすいと言えるほどの振動吸収性能。
さすが石畳の道を走るために設計されたロードバイクですわ。
長時間ライドには絶好。

とりあえず、月末はこれに乗って多摩川沿いサイクリングーロードを府中へ。
おふくろの墓参りにいく。

P_20161129_152241.jpg


なんか最近浜田省吾にはまってしまっています。
なんかおっさんになって一気に浜田省吾の良さがわかってきたw

この歌は浜田省吾のライブ後の心境なんだろうけど、すべての労働者の、一日の終わりにしんみり沁みわたっていきますね。


posted by akurou at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月11日

写真加工ツール

一時期話題になった新海さんの背景を丸パクした中国の写真加工アプリ。
自分で撮った写真を一瞬で水彩絵風にレタッチして、なぜか空部分にあたる空間に新海誠氏の映画作品からパクってきた空を当てはめるというもの。
まずこの著作権侵害部分を何とかして、空を独自の手法で鮮やかな水彩風に作れたなら、お金出してでも使いたいアプリでした。
自分で撮ってきた写真は自分に著作権がありますし、それを加工して絵に生かすというのもそれは一つの手法として何の問題もないと思います。
背景部分の製作が少し楽になることで、キャラクター制作に重点が置けるならそれはそれで良いことだと思うんですが・・・人ぞれぞれ価値観は違うので、それを良しとしない人もいるでしょうね。
すべてちゃんと書き起こしてこそ価値ある絵! 
という考え方も正しいと思います。

P_20161206_155416_vHDR_Auto_1481017848653_1481017849357.jpg

P_20161206_160147_vHDR_Auto_1481017955192_1481017955858.jpg
posted by akurou at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月09日

おっさんトーク

久々に兄貴に電話して、しょーもない話したわ。

俺「あけましておめでとうございます」
兄貴「あけましておめでとう」
俺「どう_?調子は」
兄貴「変わらねーよ」

ふにゃんふにゃんふにゃんふにゃんふにゃ

兄貴「あ、俺、モンストやってんだ」
俺「まじか!」
兄貴「お前は仕事はどうなんだ」
俺「頑張ってるわ。そっちは?去年大変だったな」
兄貴「今年も変わらねーよ」

そんな、しょうもないけど凝縮された3分くらいの会話。
俺と兄貴しかもういねーんだよなぁ。

オラオラオラオラオラ!

しょーもな!

そのうち 俺〜弟〜になってしまうんやで

posted by akurou at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記