2019年04月15日

SAI2

今完全にSAI2への移行を実行しています。
未だにver.1使ってるんですか?なんてビックリされることは多いけれど、およそ10年前までPhotoshop5.5を使い続けていた僕にとっては、遅きに失することは常なのです。

SAI2はお助け機能も豊富で、例えば突然のクラッシュにも対応しています。
CS6もクリスタも持ってるんですけど、じつはクリスタは全く使っておらず、CS6はゆがみ機能でデッサンを微調整するときにしか使ってません。
なのでSAI ver.1からSAI2へ移行しただけで、とてつもなく作業が楽になる、そんな気がしているんです。
とにかく、メモリ容量を気にせずデカイキャンバスで描けるのは、ホント嬉しい。
でも、やっぱまだ不具合ありますんで、そこは慎重に。

アニメ
「この世の果てで恋を歌う少女 YU-NO」
絵柄がかなり可愛らしくなっていて、オリジナルと比べるとややセクシーさやサスペンスタッチに物足りなさは感じるけれど、可愛いは正義ってことで今のニーズにはマッチしてるんだと思う。
嬉しいのは、OPやEDテーマ以外はオリジナルのBGMを採用しているところ。
YUNOのBGMは大変秀逸で、よく作業BGMにしていたので、すごくテンション上がります。
メージスさんは凄くリスペクトしているんだなと感じました。
posted by akurou at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年03月31日

Eバイク

もう少し暖かくなってきたら、自転車で長旅がしたいなと思い、秩父辺りを目的地と定めた。
でもやはり体力的に秩父までの道のりが不安だったので、思い切ってEバイクを購入した。

MIYATA CRUISE。
クロスバイク型の電動アシスト自転車。
自転車が届いたら、ひとまず奥多摩湖を一周してみよう。
posted by akurou at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年03月30日

一度聞くと3日くらい頭から離れない曲

はい。そんな曲を、おっさんの好みで3つほど


まず、僕の大好きなBJCから
何ゆえか男性キャラを描くとき、まずベンジーを思い浮かべるほど見た目もその世界観も大好き。
スパゲッティヘアー、またにわかに流行ってますね





続いて、これは洋楽なんですが、どっかのCMで流れてましたね。
でも、これはメロディーはもちろん、詩にすごい意味があって、深いです。
「私は一人では進めない。貴方と言う船が無ければ」





そして最後はなぜかコレ



一度聞くとほんと3日は頭から離れませんよ。
詩もすごく良いんですが、全体的に脳を侵食するようなメロディーなんでしょうか。

そろそろ、この曲をテーマにしたゲームやアニメが出てきそうな予感。
posted by akurou at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年03月23日

RANBU

三国志乱舞の新作ティザーサイトが公開されました。
https://www.jp.square-enix.com/RANBU/

そして、PV
こちら、なんと僕が過去にデザインした関羽、諸葛亮、夏侯淵の3キャラが美麗な3Dとして蘇っております!
さすがスクエニ様。僕の描いた絵の上の上を行くデザインで、言葉もありません。異論も許しません!

そしてゲームシステムがどうなっているかが個人的には凄く興味深いです。
僕も早くプレイしてみたいです。

posted by akurou at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年03月17日

片霧烈火さん

過去に携わったゲームで主題歌を歌ってくださった方なんで、なんやらバズってるのを見て色々考えました。
詳しくは調べてね!

今回の一件は、本当に残念だし、色々と考えさせられた。

職業差別良くない!


posted by akurou at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

LIVE2D

LIVE2Dを時間を取ってまじめに勉強したい。


ま、乳揺れの為なんですがね。
posted by akurou at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年03月16日

三国志乱舞の新作

ファミ通APPから情報が少しずつ出てきてますね。
まだ実際のゲームシステムやゲーム本編のグラフィックなんかは出てませんが、
数多ある三国志ゲームの中でスクエニさんが如何に独自性を突くか、今から楽しみです。

特に三国志乱舞を彩るメインイラストレーター日田慶治さんのインタビューは良かったです。
https://app.famitsu.com/20190308_1425972/
同じ絵描きとしての視点から、色々と勉強になりますね。
乱舞が好きだった方は、是非ご一読を。

三国志を描くということは、歴史を描くことですから、嘘過ぎてもダメだし、かといって真面目過ぎてもユーザーを惹きつける絵にはならない。と、武将を女体化する一番有り得ない役割を担っている僕が言っても説得力ないですが・・・。

また武将それぞれのドラマをしっかりと勉強、研究されているというのは、僕も一緒なんですが、感じ方はそれぞれに違いますから、既成のキャラをまるっと参考にしない限り、同じ武将を描いても絵師によって仕上がりは違ってきますね。そう。それが、実に面白い点です。
時に武将の物語に感情が入り過ぎて、涙を流しながら描いたり(大谷吉継)。
「きっとわからねーだろーなー」って感じの細かいこだわりをユーザーさんに理解してもらっていたときは、飛び上がるほどうれしいんです。ま、大体は不発ですがね。

三国志乱舞の新作では、過去に描いた武将も3Dとして蘇るそうなんで、過去に携わった僕としてもとても楽しみでなりません!

あ、これ関羽ですね!太もものリッチな感じとか、おっぱいの大きさとか、かなり寄せていただいたのが分かります。
https://app.famitsu.com/wp-content/uploads/2019/03/66fce58a8867a8ad931373fc33eac785.jpg
これどんな動きするんだろう。勿論、揺れまくるんですよね?

posted by akurou at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年03月10日

残り火

ずっと前。
多分、今から10何年も前。
仕事の先輩に連れられて、飲みに行った小さなバーで、ふと気になった人がいて、それがSIONだった。
彼は普通にひとりで酒を飲んでいたんだけれど、僕は何の気なしに酔いのせいもあって声をかけた。
数日後、その先輩から、彼がすごいミュージシャンだと聞かされた。

冬の街。こんな短い曲で、日本人のささやかな心境を歌ってしまう。
「冬の街は、誰かそっと見てるような気がするから」
こんな詩を描ける人は他にいない。

posted by akurou at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年03月06日

推し

5年位前から追っかけてる人。
あんま世間を賑わすようなアーティストじゃないけれど、本流はここにあると勝手に思ってる。

posted by akurou at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年02月28日

酒の肴

酒の肴のようつべって最強すぎますよね。
自分の願った動画が大体はヒットします。
懐かしい記憶の動画なんかも、キーワードでそれっぽいものを検索すれば、望みの動画に当たります。
さすがとしか言いようがないんですが。
そんな中でも副産物的なものがあったりね。
つまり、検索したものが、これじゃないんだど、これもいいじゃん!ってやつで。

それがこれ
銀河鉄道999
posted by akurou at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年02月22日

サ終

サーヴァントオブスローンズが開始から1年ほどでサービス終了に。

色んな意味で残念だし感慨深い。ほんと、色んな意味で・・・。

ソシャゲ業界も斜陽。と言うか、大手の一人勝ち状態。
その大手も、タイトルを長くヒットさせるのは容易なことじゃないし、新作タイトルのヒットが必ずしも約束されているわけじゃあない。
一作当たりの制作費用も億単位は当たり前。
昔の様に、様々な可能性を持って挑戦的なタイトルの開発に挑むよりも、リスクを最小限に抑えて、既存のヒットタイトルに類似した作品、有名IPを利用した作品の開発に移行せざるを得ない。
それでも、1年持たない作品がほとんど。
いよいよ、僕も腹を括らないといけない。

稼げるうちに稼ぐ。それは当たり前のことだけれど、ただ稼ぐのでは割に合わない。
仕事のために絵を描くことを”作業”や”生活のための手段”にしてはいけない。
自分のスキルを上げることをまず第一に考えて、金もうけは二の次で良い。僕はそう思っている。
仮にソシャゲ業界が一段と寒くなって、その系列から仕事がなくなり、収入が激減したとしても、得たスキルは消して消耗することはないのだから。

しかし食って行けるのか・・・と問われると不安ではある。
でも、そんな不安は、この道を歩き始めた最初の第一歩目から付き纏っているモノだから、なるようになるとしか考えないようにしている。
それでも、自分が惰性で描き続けず、常にスキルアップを目指して描き続けた時間は、自分自身に嘘をつくことはない。
だから、ただ不安を抱えるよりも、自分の絵を信じて、絵が描ける時間を存分に楽しんだ方が良い。

ま、結局のところ、能天気に考えるしか術はないわけ。




posted by akurou at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年01月25日

2019

お仕事させていただいたスクエニ様の「三国志乱舞」が、6年の歳月を経て配信終了となるそうです。

それまで、美少女ゲームイラスト一辺倒だった僕が、厚塗りやリアル寄りの絵に方向転換したのはこの作品に関わらせていただけたから。
この作品に携わったことで、他作品からも沢山お声掛けいただき、そのたびに少しずつではありますが、スキルも上げてこられました。
今の僕がいるのも、偏に、この作品に僕を起用してくださったクライアント様、アートディレクター様、某社長様、そしてこの作品を愛してくださったファンの方々のおかげだと思っております。

ソーシャルゲームで6年も継続するというのは凄いことだと思います。
運営されていたスタッフの方々に至っては、本当に本当にお疲れさまでした。

そして、三国志乱舞が進化して戻ってくるというお話も伺いました。
2019年、三国志乱舞の新たなる第一歩を大いに期待してお待ちしております!

そして、微力ながら・・・以下略。

posted by akurou at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年01月06日

あけまして

あけましておめでとうございます。
2018年は大変お世話になりました!
2020年も何卒よろしくお願いいたします!


タイムセールで3000円以下だったので、ちょっと試しに買ったアイマッサージ器。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B074SQWKP3/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
絵描きって目を酷使するんで、ふだんからホットアイマスク的なものは欠かせなかったんですが、コイツはいいです。
あったかい&エアーマッサージ付きで、電源はUSB充電式なので使い勝手もいいです。

大変お勧めですよー!
posted by akurou at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2018年11月25日

並行世界

人は死んだらどうなるんだろう。
そんな中二病なことを考える。

ただ意識を失い、無になるだけ。
天国や地獄といった宗教的な概念の及ぼす場所へ行く。
輪廻転生。肉体は滅びても、魂は宇宙の一部となり再生を繰り返す。
並行世界へ旅に出る。

この中の、並行世界へ旅に出る、だが、現世とは似て非なる別の時間軸の自分として新たに人生を始めるというわけ。
DNAの関係上、同じ母親と父親からまた生まれることは確定している。
しかし、家の環境や親の性格、それから世界が現世とは異なっている可能性もある。
貧乏だった家は金持ちかもしれないし、片親だった人は両親が円満かもしれない。
日本が日本と言う国名じゃないかもしれない。
言語が変わっていたり、文明の進化が遅かったり早かったりするかもしれない。
人類が現世のような歩みをせず、人間の形自体が全く別のものに変わっているかもしれない。

ま、並行世界があればの話だけれど・・・。

2009年9月。
アメリカカルフォルニア州リバモア。J・リチャードは、愛犬とドライブをしていた。
しばらくして、愛犬の用を済ませるため、車を止め表へ出た。すると、視界に飛び跳ねるウサギの姿が映った。愛犬は反射的にウサギを追った。リチャードもその後を追った。
しかし、悪路で躓き転倒したリチャードは、その後意識を失う。

しばらくして意識を戻したリチャードは、機械に囲まれた部屋で治療を受けていた。
彼を助けた人物は「ジョナス」と名乗った。
話を聞くと、ジョナスは、この世界は並行世界の研究が盛んであることや、文化や技術といったリチャードの世界とは異なる事実を伝えた。
また、ジョナスの世界ではビートルズが解散しておらず、ジョン・レノンも射殺されていない。
リチャードは隙を見てジョナスの持つビートルズのカセットテープを盗み、その場から逃げ去った。

その後リチャードは通常の世界に戻り、youtubeに問題のカセットテープをアップロードした。

真偽はともかく、これが、リチャードの言う別の時間軸に存在するビートルズの楽曲である。



posted by akurou at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年11月13日

停滞

最近ボケボケボケボケで、色んなことを勘違いしまくってます。
仕事のスケジュールも間違って記憶していて、今、頭を掻きむしりながら作業をしてます。

やっとアーロンチェアも戻ってきたし、サブの作業部屋のローデスクも買ったし、頑張ろう。

とりあえず、寝る前の数分だけ、本を読む。

早く戦国時代まで読み進めないと。
posted by akurou at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年10月23日

アーロンさん逝く

約5年目のアーロンチェアが逝きました。
リクライニングがぶっ壊れてしまいました。

はぁ。。。このクソ忙しいときに、命ともいえる椅子が壊れたダメージはでかい。

とりあえず12年保証なので無償修理になりますが、地域的に代替えの椅子が届けられるか怪しい・・・。

どうすんの。
posted by akurou at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年10月18日

作業部屋3つ

作業部屋が拡張されて、3か所で作業できるようになりました。
アシスタント業務も万全です。
あとは気分によって好きなところで描けるのはありがたい。
あともう一部屋あるから、そこにはPC98でも買って、レトロゲームを遊べる部屋を作るかな。


お誕生日コメ、ありがとうございます!

まぁ、今回は残念な結果でしたが、自分もいろいろ勉強して、5年くらいかけて少しづつ実現できたらと思ってます。頑張ります!
お気遣い、誠にありがとうございました!

P_20181009_182354_vHDR_Auto.jpg


P_20181009_182502_vHDR_Auto.jpg

posted by akurou at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年10月06日

陳情3

本日、青梅市議会から陳情に対する結果報告が届きました。

結果

「不採用」

ではなく

「趣旨採択」

まー、言い換えれば「不採択」なんですけどね!
趣旨採択の意味するところってのは
「あんたの言いたいことは理解できた!しかしだねぇ、それが現実問題、可能かどうかわからんのよ。まー無理よ。でも、貴重なご意見あんがとね!」
ということです。

まー、そー簡単に町が動くとは思ってないけどね、こういう白黒はっきりしない回答ってのも嫌なもんだ。

僕がまだ若く、絵を描き始めたばかりのころ、絵を描いてはゲーム会社のスタッフ募集係に応募しまくった。
それは確実な自分の夢であり目標であり生きる目的だったから、それこそ何十社落ちても諦めることはなかったんだけど、不採用の通知すらくれなかった会社に対しては、今でも時々色んな思いで思い返すことがある。
グレーな答えは卑怯だと思う反面、可能性を残しているともとれる。
だけれど、肯定されなかった以上、たとえ不採用でも諦めるわけはない。
つまり、答えはすでに真っすぐな夢の前では、自分の中で固まっていて然るべきなのである。
誰が何と言おうと、そこはもう富士山のように揺るぎない。


あの頃がそうだったように、今も変わらない自分の片鱗がそこにある。
次にどうするかは、もう答えは出ているんです。

posted by akurou at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記

2018年10月05日

Google Earth VR

もうね。ほんっっっっっとすごい。
VR世界の中で、まるでUFOにでも乗っているかのような気分で地球全体すきなところへ飛んでいけます。
好きなロケーションへ一気にワープすることも出来るし、ゆっくり上空を飛行しながら景色を散策することも出来る。高低差のある所から急降下すると、心臓バクバクします。かなりこわいっす。
地表から一気に宇宙空間へ上昇するときは、死にそうになります。
カメラワークとしてはアングルも自由に回せるので、イラストの背景とか、漫画の背景とか、構図の考案とか、ものすごく重宝しそうです。
そして、建造物の立体や細かい構造までしっかり作り込まれており、店の看板まで見えるものまである。
まぁ、まだまだ一部の地域では平面画像のまんまですけど、今後さらにアップデートされていくでしょうね。

とにかくすごいの一言に尽きる。

欲を言えば、夜のネオンや季節感が反映されると、言うことなしなんですけどね。

20181005142554_1.jpg


20181005142706_1.jpg


20181005143539_1.jpg


20181005143350_1.jpg


20181005143457_1.jpg


20181005143611_1.jpg


20181005144140_1.jpg


20181005143004_1.jpg


20181005142836_1.jpg

posted by akurou at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年10月04日

SAI 1

が、cintiq pro24では死亡するので、結局27QHDに戻しました…。
どうすんだコレ。

PC2台あるし、SAI2、フォトショ、クリスタ専用機にするか。
posted by akurou at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
[[img(https://x8.shinobi.jp/bin/ll?156999600)]][https://x8.shinobi.jp/bin/gg?156999600 アクセス解析]